業務を効率化するならクラウド労務管理システムを導入しよう

パソコンを操作する女性

政府が働き方改革を進めて行く中で、企業は生産性を向上することが求められています。そんな中、多くの企業で働き方改革を進める人事部の生産性が低いままとなっているケースが見受けられます。人事部の手間がかかる通常業務として、給与計算と労務管理が挙げられます。特に労務管理は人事部だけでなく、それを利用する労働者一人一人にとっても生産性に関連する重要な業務です。
もし、従来からのタイムカードを利用しているのであれば、この機会にクラウド型の労務管理システムを導入してみてはいかがでしょうか。クラウドであれば、初期費用を抑えて、早期にシステムを導入することが可能です。従業員にとってもこれまでのオフィスに設置されているタイムレコーダーを利用するよりもデスクのパソコンやスマートフォンからクラウドシステムに打刻することができ、生産性が向上するだけでなく、従業員満足度も向上します。
人事部にとってもクラウド上の情報管理画面からリアルタイムで超過勤務状況や有休の取得状況を把握できるなど、年休取得義務化や36協定違反など法令違反を予防する活動に注力することができます。マニュアルで労務管理を行っている企業の担当者にとってクラウド型の労務管理システム導入は費用対効果の高い施策です。

クラウド型の労務管理システムはテレワークと相性が良い

働き方改革や新型コロナウイルスの影響により注目されているテレワーク。そんなテレワークの際、課題の一つとなるのが労務管理です。テレワーク中は、社員の出退勤の状況を確認することが難しくなります。通勤中であれば、会社に設置した専用端末で打刻することができますが、テレワーク中であれば、出退勤の報告はメールやチャットでのコメントで行う他ありません。メールやチャットで勤怠の報告を実施した場合、最も困難になるのが、人事部門が実施する給与計算業務です。
テキストベースの方向では、勤務時間を集計することができないため、勤務時間や残業時間を把握することができません。
そんな時に役立つのがクラウド型の労務管理システムです。クラウド型の労務管理システムを導入した場合、テレワーク中であっても自宅からPCやスマートフォンを利用してタイムカードの打刻を行うことができます。また、勤怠に関するワークフローや経費精算もペーパーレスで実施できます。クラウドであれば、導入時のインストール作業やサーバーの立ち上げも不要なため、急ぎでテレワーク環境を整備したい場合にもすぐに導入できます。
クラウド型の労務管理システムを導入には、ユーザーも管理者も、場所を選ばず利用できるため、不測の事態で出社しての勤務が難しくなった場合にも有用です。

給与計算などが楽になるクラウド型の労務管理システム

現在、クラウド型の労務管理サービスが非常に多く提供されています。今まで人の作業に頼ることの多かった勤怠管理・給与計算などの労務管理にクラウド型の労務管理システムを導入することで、定型業務が中心になりがちだった人事業務を大きくスリム化させることができます。
これにより人事制度や福利厚生制度の見直しなど、クリエイティブな仕事に人事メンバーを投入することができ、結果的に社員の離職防止につながっていきます。また、新しいミッションに取り組むことで、人事部の活性化やメンバーのモチベーションにもつながります。
いままでの労務管理システムでは、セキュリティや技術的な制限から社内にサーバーを構築し、その中で運用するのが一般的でした。しかし、クラウド技術の進歩により、現在はクラウドを利用したシステムが主流となっています。
これにより、ユーザーである会社には「導入コストや月々の運用コストを低くできる」「クラウドによりリモートワークへの対応が容易」「災害などのデータバックアップが安心」といったメリットが生じます。
これは特に中小企業にとって大きなメリットとなっているので、ぜひクラウド型の労務管理システムを導入してみてください。

Choices Article

クラウド型の労務管理システムで将来のシステム更新に備えよう

スーツの男性

労務管理システムの導入や更新を検討する担当者の方、既存の労務管理システムのバージョンが古くなり、大幅なリニューアルが必要になっていませんか?将来に備えるのであれば、クラウド型の労務管理システムを導入するのがおすすめです。これまでパソコンやソフトウェアのほかに、専用サーバーが必要だったものが、クラウド型にすることで将来の更新費用を抑えることができます。また、買い切りのソフトウェアとは異なり、ク…

給与明細

クラウド型労務管理システムで外出の多い営業マンの管理も容易になる

労務管理を行う上で問題になりがちなのが、社外で業務を行う社員の労働時間を把握できないということです。外出の多い営業担当者の場合、直行直帰になることも少なくはありません。また、近年ではサテライトオ…

もっと詳しく

スマホとパソコン

クラウド型の労務管理システムを導入するメリットとは?

労務管理業務を効率化できる方法としてシステムを導入する企業が増えていますが、さらに新しいスタイルとしてクラウド型のシステムが注目されています。労務管理以外の様々な業務においても、クラウド型のシス…

もっと詳しく

デスク

ペーパーレス化を実現できるクラウド型の労務管理システム

既存の労務管理システムは、一部電子データ化が進んでいるものの、未だ多くの紙媒体を使用しているという問題がありませんか?入社や退職の手続き、年末調整や労務申請関連の手続き、そして給与明細などがあり…

もっと詳しく